子供に聞かれても安心!!節分に行う豆まきの由来とは!? なんで炒った豆じゃないといけないの?

スポンサードリンク

はじめに

こんにちは!管理人のnaoです。
2月の恒例行事といえば。。。。節分ですよね^^
節分といえば・・・そう、豆まきです。
鬼は外!福は内!”ってやつですね。
でも、なんで節分になると豆を撒くんでしょうね?

今回は”節分の豆まき”が気になって調べてみました。
これを知っていればあなたも自分の子供たちに自慢げに
節分について語れちゃいますよ^^

1、そもそも、節分ってなんなの?

setubunn

そもそも、節分とはなんなのでしょうか?
もともと、節分とは読んで字のごとく、
”季節の分かれ目”という意味があるそうです。

季節の分かれ目と聞くと、多くの人は
”立春、立夏、立秋、立冬”
思い出すのではないでしょうか?
これらは旧暦と呼ばれる昔の暦から来ている言葉です。

これらはそれどれ、季節の変わり目を意味しています。
これらは俗に”節日”と呼ばれています。
その中で厳しい冬を乗り越え、春を迎える。

そして、1年の始まりを表すとされて
次第に節分といえば、
2月3日を指すようになりました。

ちなみに旧暦とは古代中国から伝わった暦で
月の満ち欠け”を基にした太陽歴でした。
つまり、新月を1日とし満月を15日として
月日を数えていました。
この時の月の日数は29日でした。

そのため、今の新暦とはズレが
生じているんですね。
これ以上書くと長くなるのでまた後日、
旧暦について記事にしますね^^

2、節分になんで豆まきをするの?

追儺

昔は季節の変わり目には”邪気”が入ると言われ、
季節の変わり目ごとに悪霊ばらいの行事が
各地で行われていました。

その一つが”追儺”(ついな)と呼ばれる
節分の豆まきのルーツになっている鬼払いの行事です。
もともと、追儺は中国がルーツとされています。
それが奈良時代に日本に伝わり広まりました。

ちなみに追儺とは、方相氏(ほうそうし)と呼ばれる
鬼を払う役目を持った役人と、方相氏の傍に仕える
侲子(しんし)と呼ばれる役人20人が
大内裏(平安京の中の宮城のこと)を
掛け声をかけまわって邪気を払う儀式です。

これがのちの節分の豆まきにつながっていきます。

3、なんで炒った豆を投げるの?

豆

あなたは子供のころ、不思議ではありませんでしたか?
なんで炒った豆を投げるのか?
地域によっては落花生を投げるところもあります。

諸説あります。
・入らずに生の豆を投げてそのままにしておくと
芽が芽生え縁起が悪い。

・豆が魔目(まめ)とされ、魔目(鬼)を射る(炒る)
という意味であったり。

・豆=魔滅(まめ)で魔物(鬼)を滅するという意味で
豆が使われている。

また、もともと日本では古来から穀物や果物には
”邪気を払う霊力”があるとされていました。
そして、大豆は米の次に穀霊が宿るとされ、
色々な催事に重宝されていました。

また陰陽五行説(「木・火・土・金・水」の五行)では
鬼は”金”とされ、それを”火”で炙った豆で滅することも
意味しています。

陰陽五行説では金は火に弱い力関係をしています。
これらのことから節分時には豆が用いられるようになりました。

4、なんで数え年分の豆を食べるの?

mameeat

節分の豆まきを終えるとよく
自分の数え年分の豆を食べます。
これで1年健康でいられる”と聞いたことはないでしょうか?

これは豆を自分で食べることで自分の中にいる
鬼も退治したという意味で広がりました。

ちなみに自分の年齢分ではなく、
数え年の数ぶん、豆を食べるのは
今年1年分の邪気を退治するという意味
数え年分の豆を食べるようになりました。

5、なんで柊や鰯の頭を玄関に飾るの?

hiiragi

最近はあまりこれを行なっている家は多くないかもしれませんね。
節分時には豆まきと同じくらい有名なものがあります。
それが玄関に鰯の頭と柊(ひいらぎ)を飾ることです。

これは焼嗅(やいがし)と呼ばれるものです。
柊の葉には棘があり、これが鬼の目を刺すとされ、
鰯の臭いにより鬼が門口から入ってこられないようにするため
だと言われています。
昔の人は徹底的に邪気を払っていたんですね。

まとめ

節分について少しは詳しくなれましたか?^^
節分が2月3日のみではなく、年に4回もあるということは
昔の人は年に4回も豆をまいていたんですかね^^;

ちなみに鬼のパンツが寅模様をしているのは
鬼門が関係しています。この鬼門は鬼が出入りするとされ、
方角は”北東”を指します。
そして、その方角を十二支に当てはめると”丑”と”寅”を指し、
そこから丑のツノを持ち、トラ柄のパンツをはいた鬼が誕生しました。

意外と知られていないことを深く知ると
面白い学びがこれからもあるかもしれませんね!

P.S.
日本の旧暦や陰陽五行説などまた知らない言葉も
出てきてまた調べたい知識欲求が駆り立てられました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください