雛人形に込められた意味とは?飾っておく期間ってどのくらいなの?雛人形にとって一番良い供養の仕方とは?

スポンサードリンク

はじめに

こんにちは、自称・じぇねらりすとのnaoです。3月3日といえば何でしょうか?

そうです。。。『ひな祭り』ですよね。

そこで登場するのが雛人形です。
あなたも子供の頃、目にしたことがあるのではないでしょうか?特に女の子がいる家庭や友達の家にはよく飾ってあったと思います。

中にはこんな写真のような立派な雛人形を目にして、敗北感を味わった人もいるのではないでしょうか?

 
hinaninngyou
 

はい、私の実体験でした^^;

クラスに一人5人くらいは7段飾りの雛人形を飾っていた子がいました。それを見ながら『すげーぇ』っていう思いと、悔しい気持ちが胸にしたことを思い出します。

そんな雛人形ですが、意外に収納・管理の仕方や処分なども困ったりしますよね。今回はそこまで含めて調べてみました。ぜひ、あなたも参考にしてみてください。
 

1、雛人形ってもともとどんな意味があるの?

 
hinamaturi
 

そもそも、あなたは雛人形についてどのくらい知っていますか?
ひな祭りといえば、”女の子の日”ということくらいしか知らないのではないでしょうか?

もともと、ひな祭りは”ひいなあそび”と呼ばれ、儀式というよりも遊びのニュアンスが強いものでした。諸説ありますが、平安時代の京都で平安貴族の子女たちの雅な遊びから来ているとも言われています。

その後、その紙の人形を川に流す”流し雛”というものに変わって行きました。

これはもともと中国の文化の影響からで、中国では川で身を清めることで厄払いをしていました。それが日本に入ってくると、厄を人形に移して、川に流すことで厄払いをするという意味合いに変わっていきました。

その後、紙で作られていた人形が職人の手で作られるようになり、中には豪華なものまで作られるように次第に家に飾られるようになっていきました。

しかし、根本的な意味合いは変わらず「雛人形=女の子の厄払いをする身代わり人形」として家庭に飾られ続けています。

2、雛人形って1種類じゃないの?

あなたは雛人形には2種類のタイプがあることをご存知でしょうか?正確には着物のつけ方でさらにもう2種類に分かれるのですが。。。

まず、雛人形には京都で作られた京雛と関東で作られた関東雛の2種類が存在します。

この二つの見分け方は、正面に向かって右側にお殿様が飾られている雛人形が京雛。

 
kyouhina
京雛
 

逆に左にお殿様が飾られている雛人形を関東雛と見分けることができます。

 
kanntouhina
関東雛
 

また、顔に関しても目がやや細く、京頭と言われるおっとりとした顔立ちをしているのが京雛。

頭がはっきりした目鼻立ちをしたものが関東雛という見分け方もあります。

しかし、一番わかりやすいのはお殿様の位置なので、ちょっとチェックしてみるのも面白いかもしれません。

ちなみに値段的にはやはり京雛の方が圧倒的に高値で取引されています。

やっぱり京都の伝統が詰まっている分、数も少なく貴重なようです。

3、雛人形っていつからいつまで飾っておくものなの?

 
hinaninngyou
 

ところで雛人形はいつからいつまで飾るのが正しいのでしょうか?

よくひな祭りが終わったら、早く片付けないと娘が嫁にいけないなんて言いますよね。

あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

では、正しい雛人形を飾る期間はどれくらいなのでしょうか?

地域によっても違いはあるかもしれませんが、一般的には”節分の翌日”か”雨水の日”に飾られ始めます。

雨水の日とは
雨水の日とは立春から数えて15日目頃を指します。

昔の旧暦ではこの時期になると雪が雨に変わり、春に向かっていく様子から農作業の始まりとされていました。

そして、同時に草木が芽吹くなど春の訪れを感じさせてくれる日とされています。
なので、この日に雛人形を飾ることで縁起が良く良縁に恵まれるなど言われています。

 

節分の翌日が良い理由
節分は季節の変わり目という意味です。その日に豆まきなどをして、邪気を払い、新しい春を迎えようとされています。

節分に関する詳しい記事はこちら^^

その翌日なので、新しい季節の変わり目として縁起が良いので雛人形を飾る日として最適ですね^^

 
では、いつ頃まで飾るのが良いのでしょうか?

よくひな祭りを過ぎてすぐに片付けないと娘が嫁にいけないなど言われていますが本当でしょうか?

結論から言いますと、これは全く根拠がないものでした。いつまでも雛人形を片付けずに放置しておくことを戒めるために、”娘が嫁にいけなくなる”ということが言われるようになリました。

では正確な片付ける時期についてですが、これも地域によって違いがあります。

しかし、一般的には3月3日が過ぎてから片付けるようです。新暦でも旧暦でもひな祭りの2週間後に片付けるのが基本です。

やはり、季節の変わり目に行う行事なのでいつまでも飾っておくのはあまり良くありません。なので、その辺には注意していつまでも出しっぱなしにしないようにしましょう。

ちなみに飾るときの注意点として、直射日光が当たる場所にはおいてはいけません。人形の着物の色など変色してしますので、日光を避け風通しが良い場所に置くのが最適です。

4、雛人形の収納ってどうしたらいいの?

 
ame
 

あなたは雛人形をどのように収納していますか?
一般的に雛人形には”絹”が多く使われています。

ということは。。。。?

絹の天敵を知っていますか?

それは何を隠そう”湿気”なんです。絹は動物性繊維でできています。

そのため、繊維が細かく手触りが良いのが特徴的です。

しかし、吸水性に優れているためあまり湿気が多い場所に置いておくとカビが生えたり、生地を傷めてしまいます。

なので雛人形を片付ける日は”晴天の日”にするのが適切です。また、お人形用の防虫剤や乾燥剤などを入れると良いでしょう。

kannsouzai
乾燥剤

やはり雛人形は高価なものなので丁寧に収納してあげましょう。

またこの雛人形が娘、孫と代々引き継がれている家庭もあると思うので、大切な思い出とともに大事に保管しましょう!^^

5、雛人形の処分ってどうしたらいいの?

 
ninngyoukuyou
 

雛人形で困ることといえば、処分に関することかもしれませんね。

お世話になった雛人形も娘さんが嫁に出て行ったり、古くなって新しいものに変え買えたりも年月を重ねれば出てくるでしょう。

そんな時に雛人形を粗末に扱っては祟られるような気もしますよね。

人形の処分方法として一般的なのが人形供養を行っている神社やお寺に供養してもらう方法です。

現在は郵送などで引き取ってもらえるサービスなどもあります

人形感謝(供養)代行サービス

人形供養 花月堂 雛人形・ぬいぐるみのご供養処分

また、発展途上国の子供たちに使われなくなった雛人形を送るサービスもあります。子供たちからしたら日本の綺麗な人形は人気があるようで喜ばれています。

どうせなら、やっぱり人に喜ばれる方がいいのでこれも一つの方法としていいですよね^^

ワールドギフト

雛人形に限らず、人形は人に似ているので魂が宿るなど言われます。

特に雛人形などはみんなで飾り付けたり、家庭それぞれに思い出深いものなので人形にこもる思いもあると思います。

そんな大切なものなので粗末な扱いはしたくないですよね^^;
あなたの大切な雛人形にとって一番良い供養の仕方を選ばれると良いですね!

終わりに

今回は雛人形について見てきました。やはり家庭の行事になるようなものなので思い出もそれぞれの家庭であるのではないでしょうか?

ひな祭りに限らず、日本では家族行事のような文化が数多く残っています。その中で思い出を紡いでいき、家族の絆なども深まっていくのだと思います。

そういった面からも日本の文化を大切にしていきたいですね。それが家族への思いやつながりにつながれば日本の文化も捨てたものではないですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください