わかった気で終わらない本当に使える智慧を手に入れる方法

スポンサードリンク

1はじめに

こんにちは、自称・ジェネラリストのnaoです。

あなたは自分の能力を上げるために日々、勉強や読書に取り組まれているのではないでしょうか?

コンピュータが発達し、AIや自動車の自動運転など様々なテクノロジーの発展が起こっています。

その中で、私たちも今まで以上に情報収集や情報発信が大切になってきました。

そこで多くの人が新たな自分の武器を身につけようと必死になっています。

ある人は仕事終わりに英会話スクールに行ったり、いまだと動画を利用した学習サービスも発達しているので自宅でこれらを活用して、スキルを身につける人が多くいます。

しかし、大半の人が知識をつけるのみで終わっていないでしょうか?

そこで今回は自分の勉強を自分の力にする方法について紹介していきます。

2わかった気が一番危険

 
read
 

まず、心に留めて欲しいのがわかった気になっていないですか?

プログラミングを学びました、英語を学びました、資格に関する本を読みましたなど。

これらを仮に学んだとして、あなたはどうしたかったのですか?

多くの人は仕事のスキルアップ、強いてはキャリアアップを通じて給与を上げること、より好条件の職に就くことを目的としているはずです。

それを考えると、何かを身につける勉強をしたからといってそれが適切に使えるスキルであるという証明ができたわけではないことを理解する必要があります。

少なからず、お金をもらって仕事をしているからにはそれに見合った成果を上げることが必要不可欠です。

なのでしっかり仕事として貢献できる形にスキルを身につける必要があります。

3”知識”ではなく、”クリエイティブ”に

 
create
 
ネットが発達した現代において最も価値ある能力として求められるのが”クリエイティビティ”です。

新しいものを生み出す力。

iphone、Macなどを発明したスティーブジョブズを筆頭に、佐藤可士和さんなど活躍されている方は今までに類のないものを発明されています。

ネットが発達したことで検索すればほとんどのことは知ることができます。

極端な言い方をすれば、誰でも知識人にあることができ、何者にもなることができると思っています。

これは自分が憧れる人の本や専門分野の一流たちのノウハウに触れることで、あたかも自分も同じことができると錯覚してしまいます。

しかし、本当にそうでしょうか?

一流たちは長年の年月を経て、思考を繰り返した結果得たスキルだということ忘れてはいけません。

そこに至った道筋があり、それを体感的に経験しているからそこノウハウにも血が通って機能するのだということです。

なので、そのノウハウが生まれるまでの歴史や著者の歴史を見ていくと、なぜそこに至ったのかがわかり、著者に意見やノウハウがより腑に落ち理解できるでしょう。

4智慧を身につける唯一の方法

 
tumblr_inline_muufzwBpgV1r0p66k
 

知識を身につけるには読書や勉強をすればいいでしょう。

しかし、智慧を身につけ仕事に活用できるようにするためにはそれだけでは不十分です。

ではどうすれば良いか?

それは勉強した内容をアウトプットすること。

自分の仕事に取り入れることが大切。

読んで、学んで終わりではインプット負債ができてしまいます。

これでは記憶にも定着することがありません。

なぜなら、記憶はインプットとアウトプットができて初めて記憶が脳に格納されるからです。

また、インプットだけしても智慧にもなりません。

当たり前ですよね。

だって、知識は行動があって初めて形になるんですから。

なので、しっかり”行動するならどう使うか?”ということを考えて勉強をしましょう。

例えば、テレアポに関する本を読んだのならば、それを生かして明日のテレアポには”これを生かそう”と思って取り組みます。すると仕事も楽しくなりますよね。^^

5終わりに

勉強をしてどうなりたいのかをはっきりさせておくことが大切です。

なので、勉強したことを綺麗にまとめるのではなく、行動リストにする方が大切です。

じゃないと勉強のための勉強で終わってしまいます。

そうならないために、まずは何故それを勉強するのかを自分の中で明確にし、それにピントを合わせた行動をしていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください