葛飾納涼花火大会が雨で中止の場合って?どのくらいの雨だと中止になるの?

スポンサードリンク

はじめに

こんにちは、自称・じぇねらりすとのnaoです。
7月といえば花火大会ですよね。

全国各地で花火大会が行なわれているこの季節。

夏の風物詩。

彼女や彼氏と花火デートっていうのもいいですよね。
家族連れなら子供達と一緒に夏の思い出を作るのもいいでしょう。

ただ、この季節ゆえ、雷雨が心配ですよね。
そこで今回は家の近くでもあった葛飾納涼花火大会の雨の場合
について調べてみました。

是非、参考にしてみてくださいね^^
 
 

葛飾花火大会ってどのくらいの雨で中止になるの?

 
 
 
そもそも、葛飾花火大会は打ち上げ数1万5000発で
都内でも人気の花火大会です。

 
東京でも下町に当たる葛飾で古き良き花火として有名です。
 
また、グランドフィナーレは臨場感たっぷりの
ど迫力で見所抜群です。
 
是非、一度足を運んでご覧くださいね^^

では本題にいきましょう。

 
 
 
葛飾納涼花火大会は基本的に豪雨にならなければ、
ほとんど中止にはなりません。
   
 
むしろ、雨よりも風での中止が多いでしょう。
 
 
運営者側とすれば、雨天の場合でも決行したいのが本音です。
交通規制や駐車スペース、屋台管理なども当日に合わせて
決めているのでなるべく行いたいと考えます。
 
 
特に雨天中止の場合にはそれが強いです。
雨天順延で伸びればまだいいですが、
中止になる場合もあるのでなるべく決行しようとします。

 
 
 

雨で中止になった時はどうなるの?

 
 
 
葛飾納涼花火大会は毎年、雨で中止になった場合は
次の日に延期されます。

 
 
ちょうど夏休みに入っていることもあり、
平日でも順延する場合が多いです。
 
 
しかし、それも1日まででもし二日間続けて
雨天の場合には中止になってしまいます。
 
 
また、花火大会当日は雨が微妙に降っていたり、
判断が難しい場合があります。
そのような時は市のホームページを確認するのがいいでしょう。
 
 
しかし、リアルタイムの情報ということを考えると
やはり『ツイッター』で検索する方が早いでしょう。 
 
 
ツイッターの検索欄に『葛飾納涼花火大会 中止』などと
キーワードを入力して調べてみてください!

 
 
ほとんどの場合、中止になることはないので基本的に
決行されると思っておいて大丈夫です!

雨の日でも安心のお勧めの雨具って?

 
 
 
やはり一番のおすすめは折りたたみの傘ですね!
予報の状況や当日の空模様にもよりますよね^^;
 
 
でも、基本は折りたたみ傘1本でも持って行くと安心できます。
 
 
特に彼女や奥さんと一緒に花火大会に行く時には、
途中で雨が降ってきた時に傘をさしてあげると、
気がきく男子・夫って感じがしていいですよね^^ 
 
是非、もしもの時の折りたたみ傘をご持参ください!

終わりに

今回は葛飾納涼花火大会について見てきました。
雨で中止の場合の情報はリアルタイムだとあまり
掲載してくれるところはないので不便ですよね。

特に遠方や電車で1時間、2時間かかるという場合には
現地にいないのでどうしても情報がわかりません。
なので、そういう時にはツイッターなどのSNSを使ってくださいね^^;

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください