お盆の飾り付けの意味や方法って?簡単に飾り付ける方法って?

スポンサードリンク

はじめに


こんにちは、自称・じぇねらりすとのnaoです。
あなたはお盆に神棚を飾りつけたりしませんでしたか?
 
 
でも、どんな風に飾ればいいのかや飾りの意味については
知っている人の方が少ないかもしれませんね。
 
 
お盆の飾り付けをやるにも意味を知っていた方が
何かといいと思いませんか?^^
 
 
自分や親戚の子供にお盆の飾り付けの意味を
聞かれたりする時もあるでしょう。
そんな時に答えられたらかっこいいですよね。
 
 
そこで今回はお盆の飾り付けについて、
その意味も含めて調べました。^^
是非、参考にしてみてくださいね^^
 
 
 

お盆の飾り付け用意するものって?

 
 
 
あなたはお盆の飾り付けに何を
準備すればいいのか知っていますか?
 
 
提灯やお供え物などわかりやすいものは
すぐ思い浮かぶでしょう。

 
 
しかし、何を用意すればいいのか全部はわかりませんよね。
それにそれぞれの意味についてここで紹介していきたいと思います。
 
 
 

・盆棚(低めの机)

 
 
 
盆棚は精霊棚とも言われ、ご先祖に供物を供えるための棚です。
 
 

・真菰(まこも)のゴザ

 

R34L2#

 
 
これは盆棚の上に飾るゴザです。
 
 
この真菰を使ったゴザは、
お釈迦様が病人を真菰(まこも)で編んだ病床で寝かせて
治療した
といわれから盆棚の下に使われるようになりました。
 
 

・麻がら

 
 
 
麻は古来より正常な植物として考えられていました。
そのため、清浄な植物なので悪いものを清めます。
また、燃やすことで清浄な空間を作るとも言われています。
 
 

・盆提灯

 
 
 
お盆に飾る盆提灯ですが、
これにはご先祖様の迎え火としての意味があります。
ご先祖様が提灯の明かりを目印にして戻ってくると言われています。
  
 

・茄子の牛・キュウリの馬

 
 
 
ナスやキュウリで作った精霊馬は先祖の霊が馬にまたがって、
荷物を背負わせた牛を引き連れて子孫の元に帰ってくる
と言われることから

ご先祖様の乗る乗り物

として見立てられています。
 
 

また、他にもキュウリの馬はご先祖様の霊が一刻も早く
家に帰ってきてもらうために早い乗り物でナスの牛は
帰る時にゆっくり帰ってもらうために遅い乗り物だという説もあります。
 
 

・霊供膳(りょうぐぜん)

 
 
 
祥月命日(しょうつきめいにち)や特別な日に、
仏様やご先祖様にお供えする小型の本膳のことを
霊供膳と言います。

 
 
これは精進料理として一汁三菜が基本になります。
 
 

・仏花

 
 
 
仏花とはお墓や仏壇に供える花のことです。
これは仏様やご先祖様、個人に対して捧げるものであると
同時に、供えたその人の心を穏やかにするものとされています。

 
  
お盆の飾りとして、上記のものを用意しておけばいいでしょう。
それぞれの意味を知ると飾り付けにもより一層身が入りますよね。
ご先祖様に対して敬意と感謝の気持ちを持つことは大切ですね^^
 
 
 

簡単に飾り付ける方法って?

 
 
 
お盆飾りは写真のように最低限の飾り付けでも大丈夫です。
 
 
最近は真菰のゴザではなく、
市販されている専用の布があるのでそれを使うと
保存も簡単にできるでしょう。
 
 
盆棚に使う棚は専用のものでなくても、
低いものでサイズが合うものであれば大丈夫です。

 
 
また、提灯なども簡単にしまえるサイズのものを
選ぶようにすると良いでしょう。

詳しい飾り付けの動画
 


 
 
 

終わりに

今回は盆飾りの飾り付けの意味や方法に
ついて見ていきました。
飾り付けの意味を知らない人もこれで何が
どのような意味を持っているのかわかりましたね。
 
 
飾り付ける際も、それぞれの意味を考えながら
飾れば楽しくできますよね^^

 

是非、楽しみながらお盆の飾り付けをしてみてください^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください