初盆のお返しの品物は何がいいの?遠方の人にはいつまでに送ればいいの?

スポンサードリンク

はじめに

こんにちは、自称・じぇねらりすとのnaoです。
みなさんは『初盆』という言葉を知っていますか?
 
 
新盆とも呼ばれますが、家人が亡くなって初めて
迎えるお盆のことを初盆や新盆と呼びます。

 
 
私も先日、初めて知りました汗。
 
 
そこで今回はそんな新盆での法要の際に、
香典や提灯代のお返し品として、
何を贈るのが良いかなどを調べてみました。
悲しいことですが、もしもの時には参考にしてみてください。
 
 
 

初盆のお返しはいくらが相場なの?

 
 
 
そもそも、初盆のお返しはいくらくらいが相場なのでしょうか?
一般的に初盆のお返し品は香典や御供物料の半分〜1/3
が相場とされています。
 
 
金額にすると、香典の相場が3000円〜10000円なので、

それを考えると
1500円〜2500円がお返し品の相場です。

なので、金額はこれを目安に用意しておきましょう。
 
 
 

初盆のお返しの品物は何がいいの?

 
 
お返し品の品物は具体的に何がいいのでしょうか?
基本は消耗品が好まれます。
 
 
これはもし長く使えるものだと、
それを使うたびに故人のことを思い出すので
消耗品がいいとされています。

 
 
その中でも一般的になのが下の品物です。

・そうめん
・フルーツゼリー、水羊羹
・お菓子の詰め合わせ
・お茶、紅茶、コーヒーセット
・タオルセット、洗剤

これらの品物ですが、初盆は夏場です。
なので、夏に利用頻度が高いものや好まれるもの
を選ぶといいでしょう。
 
 
また、数量に関してですが、
当日参列される予想よりも少し多めに
用意しておきましょう。
 
 
足りないのでは失礼に当たりますので悪しからず。
 
 
 

お返し品ののし紙には何を書けばいいの?

 
 
 
お返しの引き出物には何を書けばいいのでしょうか?
のし紙の表書きには幾つかの種類があります。
 
 
その中でも特に重宝されるのが、『志』です。
その他にも、「初盆志」「御初盆志」「新盆志」
「御新盆志」「初盆供養」「新盆供養」という言葉が使われます。
 
 
また、のしの下に施主の名前か○○家という
施主の家名を書くようにします。

これが一般的なお返し品ののし紙の書き方です。
 
 
 

遠方の人にはいつまでにお返し品を送ればいいの?

 
 
 
遠方に住んでいるために、当日参列できない方で
御供物や御供物料を送っていただける方もいらっしゃいます。
そのような方にもお返しの品物を送りましょう。
 
 
その場合には、
引き出物と挨拶状を同封して送ります。
 
 
いつまでに送るかは、法要が終わり次第、
早めに投函するようにしましょう。
遅くとも月末までには送りましょう。
 
 
 

終わりに

今回は初盆のお返し品について見てきました。
人が亡くなるということは、悲しいことではあります。
しかし、その上でやらなければいけないことを
することもまた必要なことです。

 
 
多くの人が親の死に目を経験することになります。
その際に、適切な葬儀ができるように必要なこと
から覚えていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください