子供にもわかりやすい!うちわ祭りの由来とは?自由研究にもぴったり!

スポンサードリンク

はじめに

こんにちは自称・じぇねらりすとのnaoです。
あなたは『うちわ祭り』という祭りを知っていますか?
 
 
 
 
うちわ祭りは埼玉県熊谷市で行われる
関東最大の祇園祭と呼ばれています。
 
 
夏なのでお子さんをお持ちの方は自由研究もある方と思い、
今回はそんな自由研究にも使えるように
子供でもわかりやすくまとめました。
なので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^
 
 
 

子供でもわかりやすい!うちわ祭りの由来って?

 
 
 
うちわ祭りがどのような経緯で始まった祭りなのかを
詳しく紹介していきます。 
 
 

・始まりは『八坂神社のご祭礼』

 
 
  
もともと、うちわ祭りは京都の八坂神社に対する
勧請(かんじょう)「神仏の来臨を願うこと。
簡単に言うと、熊谷にも八坂神社の力を
分けてくださいと願った。

を感謝したご祭礼が始まりです。
 
 
なので、うちわを祀ったりする祭りではないので
勘違いしないでくださいね^^
 
 

ちなみに
京都の八坂神社の祇園祭りの始まりは、
平安時代に伝染病が流行し、日本60余州にちなんで
66本の鉾(ほこ)を立てて疫病退散の祈願
行ったのが始まりとされています。
 
 
 

・年番町(ねんばんちょう)ってなに?

 
 
もともとは熊谷以外の街でも同じような祭りが
行われていました。

 
 
しかし、江戸時代の寛永3年の4月に町民から
宿場役人に願い出て、祭りを一緒に行うことが
許可されました。
 
 
この時代から熊谷の夏祭りの原型が作られました。
  

それと同時に各町で祭りの主催を当番制にする
仕組みが導入されました。 
 
 
それが年番町というシステムです。
年番町は1年交代で各町で回されます。
 
 

各役職について

各町から選ばれる役職
・総代
・祭事係
 
 
年番町から選ばれる役職
・大総代

 
 
それぞれの役職を持つ人が各町と年番町から選ばれます。
ちなみに当時、祭事係は役人と同じ権力を持ち名誉役でした。
 
 
なので旧家でないと祭事係には選ばれませんでした。
そのくらい祭りというものが大切にされていたんですね!
 
 
また、当時は参勤交代の大小名もしばしば通行止めに
あっていました。 

 
 
参勤交代といえば、町人は地べたに正座し頭を下げる
ということが絶対で、それをしないものは切腹ものだった
時代に祭りのために迂回してもらうとは、祭事係の力恐るべしですね^^
 
 
 

・昔はうちわではなく、『赤飯祭り』だった!

  
 
 
今でこそ、うちわ祭りの愛称で言われていますが、
昔はうちわではありませんでした。
 
 
もともと、この祭りは疫病退散の願いをこめて行われた祭りです。
なので、当時は町人たちが祭りの当日赤飯を炊いて振舞いました。
 

なぜなら、赤飯には疫病よけがあるとされていたからです。
 
 
しかし、赤飯を作ったことがある人はわかると思うんですが、
手間がかかります。
家族分を作るならまだしも、祭りに参加する人に振る舞うことを
考えると量も半端じゃありません
 
 

そこで当時、『泉州』という料亭の主人が赤飯の代わりに
江戸から買い入れた渋うちわを客に振舞いました。
 
 
すると、たちまち評判になり別の店でもうちわの販売が広まって、
のちに『うちわ祭り』と呼ばれるようになりました。
 
 
 

うちわ祭りの見どころって?

 


 
ところでうちわ祭りがどんな感じで行われているか
知っていますか?
 
 
実際に見たことがない方もいると思うので、
どんな感じの祭りなのか動画があるので
気になった方は見てみてください^^
 
 
 

終わりに

 
今回は熊谷で行われるうちわ祭りについて見てきました。

京都の八坂神社に勧請して作られた神社は全国にも
数多くあり、それぞれ疫病退散を願った祭り
執り行われているんですね。
 
夏休みの自由研究にもこのネタは意外にいいかもしれませんね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください