子供の夏バテの症状って?応急処置ってどうすればいいの?

スポンサードリンク

はじめに


こんにちは、naoです。
最近、ますます暑くなってきましたね。
 
 
いよいよ夏本番という感じですよね。
そこで気をつけていきたいのが夏バテです。
特に子供の夏バテには注意が必要です。
 
 
まだ、子供は大人ほどの体力がないので
ちょっとした夏バテが命に関わるからです。
 
 
なので、今回は子供の夏バテの症状について見ていきます。
この知識を活用して夏バテになった際には
早めに病院に連れて行くなどしましょう!
 
 
 

※注意!

ここで紹介しているのは夏バテの主要な症状です。

ここに当てはまらない場合にも念のため、
子供が不調を訴えた場合には内科
受診されることをお勧めします。

 
 
 

子供の夏バテ症状って?

 
 
 
子供の夏バテ症状の代表的なものをいくつか挙げてみました。
 
 

    子供の夏バテ代表例
     

  1. 食欲不振
  2. 急な発熱
  3. 嘔吐や下痢
  4. 立ちくらみやめまい
  5. 体重の減少

 
 
 
上記の症状で当てはまるものが
あった際には注意が必要です。
 
 
特に、微熱や嘔吐、食欲不振の時には
即、病院に連れて行きましょう。

 
 

多くの家庭でポカリスエットやアクエリアスを飲ませたり、
氷で脇の下や首元を冷やしたりします。
 
 
ですが、まずは病院に連れて行きましょうね^^;
 
 
 

夏バテになる原因って?

 
 
 
子供が夏バテになる原因には三つあります。
 
 

夏バテの3つの主な原因

  • 自律神経の不調による消化機能の低下
  • 発汗による体温調節の機能低下
  • 偏った食生活による栄養の偏り
  •  
      
    一つ目の自律神経の不調による消化機能の低下は、
    夏の暑さにより食欲が不振になることと相まって、
    必要な栄養を取れずに体調不良を起こす原因になります。
     
     
    二つ目は、発汗による体温調節が
    しづらくなっている
    ことです。
    真夏の日には、各家庭エアコンで快適な室内温度を
    保っているために汗を掻くことしません。
     
     
    もともと、汗は外気に触れて気化した際に
    体温を下げる機能を果たしています。
     
     
    そのため、この機能が正常に働かない現代の
    子供達は体温をうまく下げられず、
    夏バテや熱中症を引き起こしやすくなっています。
     
     
    三つ目は、偏った食生活です。
    スナック菓子や清涼飲料水などを過剰に摂取しているため
    本来の栄養が供給されずに、夏バテを引き起こしやすくなります。
     
     
     

    子供が夏バテになったらどうすればいいの?

     
     
     
    では、子供が夏バテにならないようにするには
    どうすればいいのでしょうか?
     
     

    それにはまず、

    • 屋外と室内の温度差があまり大きくならないように設定すること
    • 子供を外で遊ばせる時間帯を作ること

     
     
    もちろん、直射日光が強いお昼過ぎの時間帯は
    なるべく避けて、外出時には帽子で日差しを
    コントロールすることが大切
    です。
     
     
    また、こまめな水分補給も忘れてはいけません。
    その際に、よく勘違いされる方もいますが、
    ただ水を飲めばいいわけではありません。
     
     
    水分以外にもミネラルや塩分が汗で
    体の外に排出されているので、
    ただ水だけを飲んでいては体内の塩分濃度が
    下がってしまい脱水症状を引き起こしてしまいます。

     

    なので、なるべくスポーツドリンクを飲ませるようにしてあげましょう。

     

      
     

    また、食べ物に関しても

    • ビタミン(B1、B2、B6、C)
    • クエン酸
    • マグネシウム
    • 硫化アリル

     
    などの栄養素を含む食べ物を積極的に摂りましょう。

     
     
    特に『ビタミンB1』は糖質が分解される際に
    多く使われる栄養素なので、汗と一緒に体外に出され
    枯渇しないように積極的に摂取しましょう。
     
     
     

    終わりに

    今回は子供の夏バテ症状に関して見てきました。
     
     
    子供もだけでなく、大人やお年寄りにとっても
    夏バテはかかる可能性があるものなので
    しっかり鰻やレバーなどビタミンB1やB6を含む
    食材を食べて夏バテを乗り切りたいですね。

     
    また、水分補給に関しても喉が乾く前に
    こまめにとるようにし、自分や子供の体を
    健康に保つように心がけたいですね。

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください