子供の夏バテに効果的な食べ物とは?子供の食事で注意することって?

スポンサードリンク

はじめに

こんにちは、naoです。
暑い日々が続きますが、夏バテ対策は大丈夫ですか?
 
 
子供をお持ちのかたは食事やエアコンの効き過ぎなど
気にすることは多いと思います。
 
 
特に食事は子供のうちは好き嫌いも激しいので、
思うように食べてもらえなくて夏バテを起こす
なんてこともありますよね。
 
 
そこで今回は子供の夏バテに効果的な
食べ物について見ていきます。

 
 
また、子供でも喜んでもらえるレシピも
紹介しているので是非、参考にしてみてくださいね。^^
 
 
 

子供の夏バテに効果的な食べ物って?

 

 
まずは夏バテに効果的な食べ物について見ていきましょう。
一般的に言われているのは、豚肉やうなぎですよね。
 
 
でも、『なぜ、豚肉やうなぎが夏バテに効くのか?』
と疑問に思ったことないですか?
 
 
 

    もともと、夏バテは。。。

  • 自律神経の乱れ
  • 水分不足
  • 胃腸の働きの低下
 
 
  
  
これらの原因によって起こります。
特に夏場は汗をかき、ミネラルやビタミンなどが不足しがちです。
 
 
そのため、お米や砂糖などの糖分を分解するために
使われるビタミンB群が枯渇しやすくなります。
 
 
すると、食欲不振などに繋がり体調を崩しやすくなってしまうのです。
 
 
なので、うなぎや豚肉などビタミンB群を多く含む
食べ物を積極的に取り入れていきましょう。
 
 
また、そのほかにも夏バテに効果的な食べ物はあります。
 
 
 

うなぎ、豚肉以外の夏バテに効果的な食べ物とは?

 
 

ビタミンC、クエン酸を含む食べもの

 

 
夏場はどうしても汗をよくかくので、
それに伴い多くのビタミンも失われていきます。
 
 
なので、野菜や果物などは多めに食べるようにしましょう。
特に子供は夏場を問わず、好き嫌いが多いので
甘めの野菜ジュースにするのもオススメです。
 
 
また、野菜ジュースに限っては市販のものよりも
手作りの方が栄養価も高いので、
手間かもしれませんが作ってみましょう。
 
その際には、ハチミツやリンゴなどを使って
甘めにするのがポイントです。
 
 
また、クエン酸を多く含むオレンジやレモンなどの
柑橘系は食欲増進にも効果的なので料理に
取り入れていきましょう。
 
 
ただ、注意点としてオレンジジュースや
グレープフルーツジュースなどは控えめにしましょう。
 
 

注意!!
果汁100%だとしても、果糖を多く含んでいるので
飲ませ過ぎると、食事を食べられなくなってしまうので
注意が必要です。
 
 
 

大豆から作られた食べもの

 
 
 
昔から『みそは医者いらず』と言われるほど、
大豆には栄養素が多く含まれています。
 
 
そのため、夏バテ対策にも効果抜群です。
 
 
特に発酵食品であるみそや納豆などは
栄養価も高いので毎日食べさせてあげましょう。
 
 
特に揚げ豆腐などは、甘い味噌やタレなどを
かけてあげれば子供でも喜んで
食べてくれるのでオススメです。
 
 
 

野菜が多く入っている食べもの

 
 
 
子供が大好きなメニューに野菜を取り入れるのも
オススメです。
 
特にカレーは効果的です。
 
 
夏野菜をふんだんに使ってあげれば、
それだけで食べてくれます。
 
 
また、野菜が極端に苦手な子にはなるべく
野菜を細かくするなど工夫して食べてもらいましょう。
 
 
カレー以外にも煮込みうどんなどにするのも効果的です。
 
 
『夏場に煮込みうどん!?』
と思われる人もいるかもしれません。
 
 
しかし、
夏場だから熱いものを食べる方がいいんです。
 
 
最近の子供達は、外ではなく屋内で遊ぶことが多いです。
そのため、クーラーが効いている部屋にいて
汗を掻くことがありません。
 
 
すると、発汗機能が低下して屋外に出て遊んだり、
寝ている最中など汗をかきにくくなり体内に熱を
溜め込みやすくなります。
 
 
すると、胃自律神経の乱れなど夏バテにつながりやすくなります。
なので、夏場だからこそ積極的に発汗が期待出来る
メニューを取り入れましょう。
 
 
 

夏バテの子供に食事を用意する際に気をつけることって?

 
 
 
多くの人が勘違いしがちですが、
夏バテの予防と解消では食べ物に違いがあります。
 
 
夏バテの予防には、
うなぎや豚肉など体力をつける
がっつりとした食べ物が有効的です。
 
 
しかし、夏バテになった子供にうなぎや豚肉などの
脂っこい食事は弱効果になります。
 
 
なぜなら、夏バテになった子供は体力が低下しているため、
胃腸の働きも弱っています。
 
 
なので、いきなり脂っこいがっつりした食事を
与えてしまうと、かえって消化不良など
体力を下げてしまいます。
 
 

なので、
夏バテになってしまった子供には
『にゅうめん』や『そうめん』など消化に良いものを
食べさせてあげましょう。
 
 
もちろん、その際には付け合わせで、
野菜や冷しゃぶなどあっさりしたビタミンを含む
食べ物も一緒に食べさせてあげましょう。
 
 
 

子供に人気で簡単に作れる夏バテ解消レシピって?

 
 

梅しそツナパスタ

 
 
パスタは茹でるのみで簡単に作ることができます。
また、梅干しにはクエン酸やビタミンも多く含まれているので
夏バテ対策にも効果的です。
 
 
子供もツナやパスタは好きなので、
パクパク食べてくれるでしょう。^^

作り方はこちらから
 
 
 

山芋のおかき

 
 
 
ニラにはビタミンB群が多く含まれているため、
夏バテ対策には効果的です。

 
 
また、長芋にはカリウムが含まれており
体内の水分量を調節してくれる働きがあります。
 
 
おやきだと子供も進んで食べてくれるので、
ぜひ試してみてくださいね^^

作り方はこちらから
 
 
 

ピーマン肉巻き

 
 
 
これは少し手が込んでいますが、
豚肉を使っているのでビタミンBが取れて
夏バテに効果的です。

 
 
また、ピーマンにも栄養が含まれてるので
栄養バランスも考えられています。
 
 
ピーマンが嫌いな子供も多いですが、
豚肉が巻いてあるので気にせず食べてくれますよ^^
 
 
作り方はこちらから
 
  
 

終わりに

今回は子供の夏バテに効果的な食べ物に
ついて見てきました。
大人と違って、夏バテに効くと言われても
好き嫌いがありなかなか食べてくれません。
 
 
でも、そこでめげずに食べてくれるように
工夫するのが大切ですね。
 
 
手間かもしれないですが、野菜を細かくするなど
手を加えていきましょう。
子供が夏バテにならないようにファイト〜!!^^

料理参照:クックパッドより

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください