あなたの子供は睡眠負債に悩んでる!?5つの簡単チェックポイントとは?

スポンサードリンク

はじめに

あなたの子供は睡眠負債を抱えていませんか?

先日見ていたテレビで、『睡眠負債』についての特集がありました。

これ、大人だけかと思いきや子供にも抱えているようです。

特に現代は子供でもスマホやタブレットを持ち歩いているのをよく見かけます。

当然、楽しいので夜も使って夜更かしをしています。

それを毎日続けることで、子供にも知らないうちに睡眠負債が溜まっているんです。

なので、今回は簡単に自分の子供が睡眠負債を抱えているかチェックするポイントを紹介します。
 
 
 

子供が睡眠負債を抱えているかチェックする9つのポイントとは?

 

  • 就寝時間が毎日夜9時を過ぎている
  • 夜の合計の睡眠時間は毎日9時間以下
  • 寝ている途中で目が覚め、その後30分〜1時間起きていることがある
  • 寝る時間と起きる時間が毎日バラバラ
  • 休日は平日よりも起きる時間が遅い
  • 朝、目覚めが悪く、自分から起きない
  • 目覚めた後もしばらくグズグズしている
  • 朝食を摂らない日がある
  • 朝食や夕食の時間が日よってバラバラ

参照元:http://www.nhk.or.jp/kodomo-pj-blog/article/277625.html

このチェックポイントは NHKの番組で紹介されたものです。

このチェック項目に一つでも当てはまる場合は注意が必要です。
 
 

特に子供のうちは、発達に必要な成長ホルモンの分泌が
重要な時期なので十分な睡眠をとることは非常に大切です。

乳幼児の時期は特に注意が必要です。

なので、チェック項目を確認し改めて睡眠負債を抱え込んでいないかチェックしましょう。
  
  
  

子供の理想の睡眠時間とは?

ところで子供のうちに必要な睡眠時間をみなさんは知っていますか?
 
 

乳幼児の場合

・睡眠時間はトータルで10時間

小学生の場合

・睡眠時間はトータルで9時間
・21時半までには寝させるようにする

中高生の場合

・睡眠時間はトータルで8時間
・22時には寝るようにさせる

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=etMN0V5ckHg
 
 
  
今の時代は小学生でもスマホを持っていたり、パソコンやタブレットを使うことが日常的になっています。

昼間だけ使うならまだしも、夜中まで夢中になる子供も珍しくありません。
 
 
ですが、そういった電子機器のディスプレイからの強い光によって眠気が抑えられ、
夜更かしをしてしまう原因にもなります。

そして、生活リズムを崩し体調不良や精神的な面にも影響を及ぼすことにつながります。

なので、特に中高生のお子さんをお持ちのかたは使用時間を制限したり、
睡眠負債を抱えるとどうなるかをしっかり説明してあげることが大切になります。
 
 
 

子供の睡眠負債をためないために親がすべきこととは?

では、子供の睡眠負債を溜めないようにするには親はどうすればいいのでしょうか?

子供の生活リズムを作ってあげる

 
 
子供のうちは親が生活リズムを作ってあげることが大切です。

もちろん、一番いいのは親も子供と一緒の時間に寝て、起きることで生活リズムを一定に保つことです。

ですが、共働きや家事などどうしても子供の生活リズムに合わせることができない親御さんもたくさんいます。

なので、まずは子供の生活リズムを見直して、正しいサイクルにしてあげることが大切です。
 

例えば、
・夜8時までに入浴を済まさせる
・夜9時以降のスマホ、タブレットの使用を禁止する

などなど。
まずは正しいリズムを親が強制的に作ってあげることが大切です。
 
 

睡眠が大切な理由をしっかり理解させる

 
子供が大きくなるにつれて親の言うことを聞かなくなるのはよくある話です。

夜9時以降スマホ禁止と言われても、隠れて使うこともあるでしょう。

そういった場合はどうすればいいでしょうか?

そんな時は、親がきちんと睡眠負債を抱えることで子供の体で何が起こるのかを説明することが大切です。

ちょっと反則かもしれないですが、多少大げさに言ってもいいかもしれません。
 
 

例えば、
・夜更かしをすることで脳が萎縮するんだよ。
・スマホのブルーライトを長時間見ると視力が低下して一生眼鏡生活になるよ。
 

などなど。
子供のことを思えばこそです。

現に、暗いところでスマホを操作することで視力の低下が起きることは根拠があります。

暗い部屋ではスマホを目に近づけて操作するため、視点が近くなり視力の低下を引き起こします。

なので、子供の健康を守るためにもしっかりと親が説明できるようになりましょう。
 
 
 

終わりに

今回は子供の睡眠負債について見てきました。

特に子供のうちは睡眠が生活の3分の1を占め、成長ホルモンの分泌も一番行われる時期です。

その大切な時に、夜更かしをして成長を妨げることをしては子供の未来にも影響が出てしまいます。

なので、しっかり成長を促進できるように私たち大人がしっかり子供をサポートしていくことが何より大切ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください