鏡開きの酒樽割りの意味って?なんでお酒の樽を割るの?

スポンサードリンク

はじめに

鏡開きといえば、正月にお餅を割るシーンを思い受けべますよね。

それともう一つ。

結婚式や企業のセレモニーなどでお酒の樽を割るシーンです。

お餅は正月だからわかるとしても、なぜお祝いの席でお酒の樽を割るのか疑問ですよね。

なので、今回はなぜ鏡開きで酒樽を割るのかについて調べてみました。
 
 
 

鏡開きの酒樽割りの意味って?

古くから日本酒は神事の際に神酒として供えられてきました。

そして、祈願が済むと参列者でお酒を酌み交わして、祈願の成就を願うことが習慣になっていました。

鏡開きという言葉はもともと、『鏡=円満』『開く=末広がり』を意味しています。

酒屋では酒樽の上蓋のことを『鏡』と呼んでいました。

酒樽の鏡を割る(開く)ことで新たな出発に際して健康や幸福を祈願する意味があります。
 
 
 

どうして『割る』じゃなくて『開く』なの?

 
 
これは割るでは縁起が悪いからです。もともと、鏡開きは武家から始まったとされています。

鏡餅や酒樽に刃物を使うことは切腹を連想させるため控えられていました。

なので、木槌が代わりに使われるようになりました。

現在でも、テレビ番組など鏡開きの際には木槌が多く用いられています。
 
 
 

鏡開きっていつまでにするの?

 
酒樽を用いて行う鏡開きは新築家屋の完成時、創立記念日、結婚披露宴、開店のお祝いなどで行うのが一般的です。

酒樽を用いるのは、武士が出陣の際に、味方の気持ちを鼓舞する振舞酒から来ているとも言われています。

なので、こちらは新しいスタートを祝う際に用いられることが多いです。
 
 
鏡餅を用いる場合は松の内が終わってから行います。

松の内を1月7日までとする地方では11日、関西など15日までの場合は15日に鏡開きを行います。

もともと、鏡餅は正月の間、年神様の居場所としてお供えします。

そして、年神様の魂が宿った鏡餅を鏡開きに食すことで1年の家族の無病息災を願う意味があります。

なので、自分たちが住んでいる地域に合わせた期間で鏡開きを行いましょう。
 
 
 

ところで酒樽っていくらくらいするの?

 
 
酒樽にもピンからキリがあります。一番はサイズによる価格差が大きいです。

通常、披露宴などでは1斗樽(18L)が多く用いられます。

それでも3万円〜6万円くらいします汗。

一番多いタイプは外見が2斗樽で中身が1斗までしか入らないタイプです。

経済的ですね^^

最近はお酒を飲まない世代も多くなっています。

なので、このような酒樽を目にすることも減ってきていますよね。
 
 
 

贈り物にはミニダルサイズも!

 

親戚の成人のお祝いや初孫のお祝いなどに最適なミニサイズの酒樽もあります。

1800mlでキャップ付きなので飲み残しても大丈夫です!

なんと経済的な笑。

ちょっと雰囲気を楽しみたい方にもオススメですね。(瓶詰めなので鏡開きはできません涙)
 
 
 

終わりに

 
今回は酒樽を使った鏡開きについて見てきました。

最近ではお酒を飲まない人も多いみたいですが、お酒はガンガン飲みましょう!笑 

日本酒もフルーティで飲み易いものも多く出ています。

日本酒のみのバーも全国に探せばあるみたいです。

米どころ日本の美味しいお酒を是非飲んでみてくださいね。
って話が変わってますね^^;

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください